虫暮れ

自然なかで楽しいコトみーつけた。

ハエトリグモハンドブック

風にのってやってきたハエトリグモ♂

気が付くと5匹ぐらい服についてた。

f:id:MusiKure:20170623084350j:plain

安定のピンボケ・・・。よく動くから難しいね~。

ココで噂のハエトリグモハンドブックを使うときが!

 

パラパラとページをめくる。

Sibianor属の一種であることは間違いなさそう。

この仲間は外見での同定が難しいみたい。

みつけた時の環境と色の違いである程度は絞り込めるらしいけど、

正確な同定には生殖器の確認が必要とのこと。

生殖器をみれば容易に区別できるらしいので、挑戦してみたら楽しいかも。

 

捕獲していないので何ともいえないけど、キレワハエトリの可能性が高い気がする。

まあ、属止めで満足だけど^^

 

ハンドブックシリーズは見た後に、調べたい!!

ってなるのがいいよね。分類群のチョイスもおもわずニヤリとしてしまうし。

今回も写真すごく綺麗!あんなにちょこまかと動くハエトリグモを同じ角度で・・。

すごい労力だよね。この1冊からハエトリグモに対するすごい情熱を感じるよ。

素晴らしい本なので、興味ある方はぜひ。

ハエトリグモハンドブック

ハエトリグモハンドブック

 

著者 須黒さんのHP → haetorihiroba