読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫暮れ

自然なかで楽しいコトみーつけた。

雲のカタログ

たしか1年前ぐらいに購入した本。

その名も「雲のカタログ 空がわかる全種分類図鑑」

いわゆる分類のというワードに反応してしまうMusiKure

このタイトルを見てすぐ購入。笑

簡単に言いますと、自分が見た"雲"が何という雲なのかを調べるための本

 

世界気象機関というところが発行している「国際雲図帳」というもの

がございまして、その中には難しいことがたくさん書いてある←え

ご覧になりたい方はどうぞ↓(PDFです。Ⅱは写真が多くて楽しめます)

INTERNATIONAL CLOUD ATLAS Volume Ⅰ

INTERNATIONAL CL·OUD ATLAS Volume Ⅱ

まず、雲は大分類として以下の10種類に分類されます。

これを十種雲形と呼びます。(たった10種!と思えば!笑)

 

[十種雲形]

・巻雲 ・巻積雲 ・巻層雲 →(上層雲)

・高積雲 ・高層雲 ・乱層雲 →(中層雲)

・層積雲 ・層雲 →(下層雲)

・積雲 ・積乱雲 →(対流雲)

 

たった10種といえども、似たような名前でつらいですね?笑

この大分類から、さらに「種」→ 「変種」→「副変種」という順に

細かく分類されていきます(細かく分けると100種以上あるらしいです)

※内容をはしょり始めた。

 

いきなりたくさん覚えるのは難しいので、

とりあえず「十種雲形」を覚えるところから。

楽しくやらないと続かない

MusiKureでした