読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫暮れ

自然なかで楽しいコトみーつけた。

カヤツリグサ 普通種3種の同定

道端や畑地などで最も普通に見られるカヤツリグサ属3種をご紹介します。

う〜ん。どうやって説明したらいいのかと色々悩みましたが、、まずこの3種に該当しているかどうかは、ご自分で調べてください(笑)カヤツリグサ属は約40種程度ありますので、、、。

かなり簡略して記述します。。




イメージ 1



・イラスト上段

 小穂があまり開出しないで軸に対してあまり広がらない(コゴメガヤツリ)

 小穂は開出して広がる(カヤツリグサ)

 小穂は開出して広がる。何となくブラシのように見える(チャガヤツリ)



・イラスト下段(黒塗りの部分が鱗片)

 小穂の鱗片は突出しない(コゴメガヤツリ)

 小穂の鱗片は突出する(カヤツリグサ)

 小穂の鱗片は突出して、やや反り返る(チャガヤツリ)




イメージ 2



↑コゴメガヤツリ
イメージ 3



↑カヤツリグサ
イメージ 4



↑チャガヤツリ



この3種に該当するのか分からないという方は、カヤツリグサ科入門図鑑(全国農村教育協会)がお勧めです。すいません、余計に分かりにくくなってしまいましたね。