読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫暮れ

自然なかで楽しいコトみーつけた。

アブラムシとアリ

f:id:MusiKure:20130124171144j:plain

アブラムシとアリが共生関係にあるというのは有名な話です。ある論文を読んで、面白いと思ったので紹介してみたいと思います。

アブラムシはアリに守ってもらっている、、、、実は、アリにとってアブラムシは甘露の採集源であるだけではなく、動物性の餌としての捕食対象にもなるんです。種によっては捕食餌のなかでアブラムシが占める割合が非常に高いものがあるそうです。

アリにとって甘露の需要以上に随伴するアブラムシが多くなれば、アブラムシ1個体あたりの甘露採集源としての相対的価値は下がります。したがって余剰なアブラムシは捕食する方が、危険を冒してほかの餌を探すコストも減り、有利だと考えられるのです。さらに、アブラムシが受けるアリの捕食作用はアブラムシの甘露の生産性に応じて異なり、アリは甘露の生産の少ない種のアブラムシを生産量の多いアブラムシより頻繁に捕食するようです。つまり、「甘露いっぱい出さないと、食べちゃうよ〜」ってな感じなのです(怖すぎる)

この続きはまた次回。。お楽しみに(笑)