読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫暮れ

自然なかで楽しいコトみーつけた。

ラン

年はじめから、更新が鈍くて、、ごめんなさい。 ものすご〜く遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 昆虫、虫こぶ、植物を軸に、更新していきたいと思います(口で言うのは簡単です) さて今日の写真はシンビジ…

おおみそか

今日は大晦日。 外を歩く人はいつもよりも少ない気がします。 夕方になり、風が強くなりました。寒し。 大掃除もなんとか終わり、ホッと一息。今年も色々ありました。 このブログも皆さんのご協力により、ここまで楽しみながら更新できました。 今年になって…

マメ

皆さんお元気ですか。 最近、サボり気味でごめんなさい。 今日ご紹介するのは、「カワラケツメイ」の豆果(とうか)です。 この果実さえ見てしまえば、この子がマメ科であることが分かると思います。 写真は豆果を割ったところ。「さや」のふちに種子が交互…

あきがこない

ご無沙汰しておりました。 突然更新が途絶えてしまって、、 ご訪問いただいた方々、申し訳ございませんでした。 あ〜〜。秋が早くこないかなぁっと思っていたら、もう10月ですね。 あっという間に秋が終わってしまうよ〜〜^^ 本日の写真は「セキヤノアキチ…

カリガネソウ

こんにちは。 更新。お待たせしました!!w( ̄Д ̄wワオッ!!(待っててくれましたよね) 今日の写真は「カリガネソウ」(雁草)。ピントが・・・。 秋にぴったりの色合いで、独特の形をしています(雁には見えませんが、素敵な名前だとは思います)。 でも、外見…

相手を知るとは

海浜に生育する「ハマゴウ」(琵琶湖にも生育するそうです) 派手さはないですが、しゃがんで観察すると、その美しさに驚きます。 誰が花粉媒介するんでしょうね?ハエとか?チョウとか? イチモンジセセリが吸蜜にきていました、、細い脚なので花粉がつかな…

おぉ!ベニタデ

お久しぶりです。 無事に帰ってきました(笑) 留守中に訪問していただいた方、ありがとうございました。 本日ご紹介するのは「オオベニタデ」 観賞用に栽培していたものが、逸出した?らしいです。 草丈はかなり大きく、花が大粒で綺麗!! 在来種には無い…

ミヤマクマワラビ

今日は標本箱の整理と、虫こぶから羽化したDipteraを吸虫管で吸いまくってました。 何匹かどっか飛んでったけど(悔) 気を抜くと標本はすぐにカビるので辛い。 それにくらべてコケ植物の標本は感動するぐらいカビが生えない。ほかの生き物もコケを見習って…

ノウゼンカズラ

庭で咲いた「ノウゼンカズラ」 この花を見ると夏を実感します^^ 毎年、開花してくれる丈夫な子です。 毎年ありがとう。 ブログランキング 毎年見られるという幸せ

コケ

(写真をクリックすると超拡大表示) 本日の写真は「コケ」です。 あ〜ぁ。ついにコケにも手を出してしまいました。 でも・・・楽しいです(笑) 今まで観察していなかったので、その形態の美しさに驚きました。 こんな素敵なものを見過ごしていたのか。 そ…

スノキ

先月撮影した「ツツジ科 スノキ」。可愛い花を咲かせています。 葉を噛むと酸っぱい。私はこの味が好きで、見つけると絶対に噛みます^^ 花は酸っぱいのか?という疑問を確かめたかったのですが、花が2つしかなかったので(時期的に遅く)断念。 来年に持ち…

イヌザクラ

まめに更新できなくてごめんなさい。バタバタしてまして。。 本日ご紹介するのは「イヌザクラ」です。 先週の日曜に撮影しました。 花は一般に言うサクラには似ていないですが、バラ科サクラ属です。 葉には謎の?!の虫さんがついていました。只今飼育中で…

シャクヤク

シャクヤクが満開です。 雨も止んでいたので、すかさず撮影しに行きました。とはいっても庭ですが(笑)。 風が強いのでユラユラゆれて難しい。でも、楽しそうに揺れてます^^ 最後は出番を待つブタさん。 外にいると、ちらほら蚊の姿が・・・もうすぐ出番…

ソメイヨシノ

花期が終わり、すっかり「緑色」のソメイヨシノ ソメイヨシノは「エドヒガン」と「オオシマザクラ」の雑種です。 なので両方の形質を少しずつ持っています。まず親?の特徴を↓↓に 「エドヒガン」 葉:鋸歯は三角形・裏面の脈上に毛が密生 葉柄:毛が密生 「…

ミズキ満開

ミズキの花が満開です。 ハナムグリ類やアブ類、ハチ類等、多くの生き物が蜜を求めてやってきます。 ミズキの樹形というのは独特で、棚田みたいになっているというか(例えが微妙・・)、、 要するに段々になっています(笑) ミズキという和名は「春に木を切る…

カラスノエンドウ

カラスノエンドウの豆果(果実です) まさにカラスですね。 乾燥するとねじれが生じて、弾けます。 それにしても、カラスノエンドウにはアブラムシが多いですね。この豆果もベトベトしていました。 こんだけアブラムシにいじめられても、元気なエンドウさん…

オドリコソウ

気持ちの良い陽気になりましたね。 蚊もあまり飛んでいないので、野外での活動は快適です。 様々な生き物が活動を始めていて、焦ります^^ 今日はオドリコソウの花。 花をよく観察すると、マルハナバチ類の盗蜜痕跡が見つかります。 蜜の量はどのくらいなん…

もうじき満開になるソメイヨシノ 今日は一日曇天だったので、青空と桜との対比は見られませんでした しかし、夕方に西空が一瞬明るく、、、、風景が淡い橙色に染まりました 橙色に染まったソメイヨシノはとても美しかったです 毎年、見ているはずなのに、い…

ヒメウズ

ひっそりと咲く「ヒメウズ」 可愛らしい花をつけています。 花は毎年見るけれど、果実は見たことがありません。 手持ちの図鑑には果実の図も載っていないし。。今年は絶対観察します。 ・・と言って、忘れそう・・・。 でも、大丈夫。ブログに書いたら忘れな…

タネツケバナ

水田で開花していた、タネツケバナ。 群生していると、小さい花も綺麗です。 よくよく見てみると、果実がすごい長い・・。花の後、ずーーっと伸びるんですね^^ 最近、植物観察をサボっています。。。頑張らないとなぁ。。。 桜は来週が見頃ぐらいなので、…

ナズナ

農道で咲き誇っていた「ナズナ」 カメラを地面に置いて見上げて撮影してみました。 トカゲから見る景色ってこんな感じでしょうか? こういった視点で、景色が見られるのも写真の魅力です^^ 学名は【Capsella bursa-pastoris】 種小名は「羊飼いの財布」と…

ツバキ

ツバキが見頃を迎えています。 ミツバチたちもせっせと働いています(写真は撮れてません・・) 花粉の黄色と紅色の対比がとても美しい。 ツバキの花は「冬芽」の基部につきます。 写真を見ていただくと、咲き終わりですが・・・・ね^^ 冬芽も後もう少しで展…

フキ

フキノトウ=フキ味噌・・美味しいです(笑) 雪から顔を出していたほうが、趣がありますよね。 ちなみにこの写真は、2週間前ぐらいに撮影したものなので、今はもっと「だらしなく」なってます。 もう少しで「桜」。。。

アセビ

アセビのお花。 とても可愛らしい花です。 アセビの属名「Pieris」はギリシャ神話の女神の名前だそうです。 ちなみにモンシロチョウも同じ学名です(モンシロチョウだけではありませんが) 学名の由来を知ると、さらに親しみがわきます。 和名と同時に学名も覚…

道端の春

道端の植物たちが咲き誇っていました。 その間には、小さな昆虫たちがウロウロ。 道端にしゃがみ込んで、ジーッと見ている。この姿、幼稚園の頃から変わってないです(苦笑)

今年もまた

春に花咲く植物たちが、せっせと準備を始めています。 一年で春にしか見られない。一瞬の輝きを、、どのくらい観察することができるでしょうか。 写真はムラサキケマン。

テイカカズラ

幹にへばり付く「テイカカズラ」 夕方の光が当たって綺麗だったので撮影。 被写体が少ないと、こういったものも撮影したくなります。 散策をしたものの、目当てのものは見つからず。でも、ぶらぶらと歩くのは楽しいです。 カラーと白黒、皆さんはどちらがお…

ニホンズイセン

見ごろのニホンズイセン。 好きなお花です。 花びらは「外花被」が3枚、「内花被」が3枚の合計六枚です。では「おしべ」は何本でしょう?? 黄色い部分は「副花冠」といいます。 アブ類がよく集まりますね。 冬を彩るスイセンで少し安らぐ。

ロゼット

【オニノゲシ Sonchus asper (粗い、ざらざらしたノゲシの意)】 冬にも枯死しない根生葉を「ロゼット葉」といい、ロゼット葉の集合を「ロゼット」といいます。 ノゲシ属、マツヨイグサ属、ムカシヨモギ属など、身近に見られる種が多いです。 地表は日光が…

コモチシダ

小さな岩壁から垂れ下がる「コモチシダ」 厚ぼったい葉の感触が好きです。あと、”コモチ”を見つけるとハッピーですね^^ 今年も残るはあと1日。みなさんはどのように過ごすのでしょうか。 私は、いつもどおり過ごします。そう・・標本の観察・・・・。

黄葉

黄葉。日が当たって綺麗だったので撮影してみました。 住宅地内だったので、あまり建物は入れたくない・・・魚眼でアップ・・。う〜ん。単調(笑) もっと写真が撮りたいー。山の中で。 虫こぶ探しもしなければ。時間ちょっとだけ止まって。 イネ科が恋しい…

ヤツデ

ヤツデというけれど八手のものって、あんまり見ないですよね。 でも、見つけました!!ご覧下さい。123・・8・・(^ー^)y 多いのは7、9、11といった奇数のもの。8って本当少ないですよ。 みなさんも探してみてくださいね^^ 【ウコギ科】 ヤツデ Fatsia ja…

ケンポナシ

ケンポナシの果実ではなく果軸。(果実も写っていますが・・ちなみに核果です) 果軸が肥厚したものです。時期が遅かったようで、美味しくはなかったです(悲) 果軸を美味しくして、果実を運んで貰う作戦なのでしょうか。木に聞いてみないとわかりません(笑) …

ヤツデって奴です。

ヤツデの花は双翅に大人気。 プンプン飛び回っては、舐め、、、これを繰り返しています。 寒い時期ならではの光景です。

クサギ

コントラストが素敵なクサギの果実。 とてもよく目立ちます。 クサギの特有の臭いは、、、するのかな??・・・確かめなければ。 最近時間がなく、更新が滞っています。、、、、、、お付き合いくださいね^^

バジルバッタ

バジルを食べるオンブバッタ。 「じゃあ、このバッタを食べたらバジルの味するのかな?」 「・・・・さあ」 「メッサ睨んでるよ」 「・・・・本当だ」 バジルはシソ科⇒じゃあ果実は4つだね⇒うん・・たしかに

サルナシ

サルナシ、食べ放題です(笑) いや〜沢山とれました。しかも美味しいですーーーーーーー。 やめられない・・・。

アケボノソウ

不思議な模様のアケボノソウ。 何度みても美しいです。 蜜を分泌している場所も面白いですよね。 写真をみてボーッとするのもたまには?!いいです。 9月29日撮影

オケラ

オケラのお花。 綺麗でカッコいい花です。 紅葉の写真を撮りにいきたいですねぇ。 落ち葉の音を聴きながら、山を歩く、、、そんな夢が見たい(笑)

シラネセンキュウ

山で目立った「シラネセンキュウ」 こういった花は何の仲間かは分かりますが、種まではちょっと難しい気がします。 シラネセンキュウは結構遅くまで開花しているようで、まだまだ綺麗な花でした。 晴れていれば、ハナアブが好みそうな花ですよね。 最近は虫…

タンポポの果実

写真は「セイヨウタンポポ」 タンポポの果実ってご存知ですか? [タンポポの種]の方が聞きなれた言葉ではないでしょうか? じつは写真の「種」と呼ばれている物体、、、実は果実なんです。 えッどちでもいいじゃんと思った場合は、、、、、すいません(笑) 種…

アレチウリ

河原や荒地で繁茂する「アレチウリ」 特定外来生物なのでその取り扱いには十分に注意しないといけません。 今は花を咲かせています。 よく見てみると、様々な虫たちが吸蜜に訪れています。 この子たちにとっては貴重な蜜源になっているのかもしれません。 で…

んんん???

・・・・・・・?? みなさん気をつけましょう。。

ヒガンバナ

お待たせしました(笑) ついにヒガンバナ撮影しましたよ〜〜。 若干遅かったようで、終わりかけの花もありました。 珍しく沢山写真を貼ってみました。 赤花・白花両方見れて今日は良い日。。

オオバコ

オオバコは踏まれても踏まれても成長するから、何となく「強い」イメージがある。 踏まれ強いのは確かだけれど、逆に言えば「踏まれなければ弱い」ということ・・。 そう、、踏まれなくなり、他の草が繁茂してきたら姿を消す運命に。。。 みなさんオオバコを…

ナンテンハギ

ツルボに混じって「ナンテンハギ」が群生していました。 この色合いが大好きです。 なんだかマメ科も僕の心にヒットするんですよね〜〜。

タコノアシ

先日、休耕田で見つけた「タコノアシ」 意外な場所で咲いていたので、感動。。 うんうん、綺麗だね(^^) この和名も素敵です。

オカヒジキ

ちょっと自転車で海岸に行ってきました。 その時に見つけた「オカヒジキ」。硬くて食べられない。。。 ゴミが沢山捨ててあり、オカヒジキの間にも(悲) こんな場所でも花を咲かせている君は本当に逞しいです。 ゴミを取り除き、、この場を去る・・・・。

オモダカ

水を抜いた放棄水田に生えていた「オモダカ」 この矢じり形の葉が素敵です。どうしてこんな形になったんでしょうか?? 何かしらメリットがあるのだと思いますが、、考え付きません。。 「オモダカ」を見ると高校を思い出します。 あっ、どーでもいいですね(…

ツユクサ

綺麗な青色のツユクサ。 これもまた涼しげなお花ですね。 朝方の水滴のついた花を見た時は、普段の数倍美しく見えました。 不思議と朝露があると、見慣れた植物でも新鮮に見えるんです。 ただ、今回の写真は昼間ですが・。