虫暮れ

自然のなかで楽しいコトみーつけた。

タブグンバイの成虫と幼虫

タブノキの葉裏でタブグンバイ Stephanitis apertaを見つけました。 上が成虫で、下が幼虫です。 どちらも奇抜な姿で面白い。 体長は3mmちょっと。 2cmぐらいの大きさだったらもっと人気があったかな。笑 寄主植物はクスノキ科のタブノキ、クスノキ、ハイノ…

ウニハンドブックを買った

先日、ウニハンドブックという本が発売されました! ウニハンドブック 作者: 田中颯,幸塚久典,大作晃一 出版社/メーカー: 文一総合出版 発売日: 2019/10/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る こういった本が出ると、調べたくなりますよね? とい…

山陰地方のキジラミ図鑑

キジラミについて調べていたら、良いものを見つけました! こんな素晴らしい文献があったなんて。(リサーチ不足の極み) しかも無料で閲覧できる。ありがたい。 以下のURLからダウンロードできました。 林 成多・宮武頼夫(2012)山陰地方のキジラミ図鑑.ホ…

神田古本まつりに行ってきた

昨日、神田神保町で開催されている古本まつりに行ってきました! 午前10時開始とのことなので、10時に到着。 最初はスムーズに歩けましたが、11時過ぎぐらいから徐々に混んできました。 混雑が嫌な方はなるべく早い時間に行ったほうが良いです! なかなか欲…

100均パキラの栽培

今年の春頃に100均で購入したパキラ。 ずいぶんと大きくなりました。 100均では、よく挿し木の株が売られているのですが、この時はたまたま実生株がありました。 花屋さんだと安くても350円ぐらいはするので、これはお買い得かな!? 実生株は根元が太くなる…

ナカジロシタバ Aedia leucomelas

道路を歩いていたナカジロシタバ。 かなり特徴的な姿なので、識別は容易です。 食草はヒルガオ科のサツマイモやノアサガオ。 サツマイモ畑で大発生することもあり、害虫として嫌われています。 //

アオモンツノカメムシ

午後、近所の公園で散歩をしました。 そこで見つけたアオモンツノカメムシ Elasmostethus nubilus。 体長7-9mm。 寄主はウコギ科のタラノキ、ウド、キヅタ、コシアブラ、ヤツデなど。 似ている種が多いので同定は慎重に。 //

クロメンガタスズメの幼虫

育てていたトマトとナスを引き抜こうと思っていたら、大きな幼虫を見つけました。 クロメンガタスズメの幼虫です。 お尻のくるりんとした角がかっこいい。 そして、鮮やかな色彩! おそらく終齢幼虫だと思います。 地面を歩き回っていたので、蛹化する場所を…

アキアカネ

アキアカネの雌雄が連結していました。 上が雄で下が雌。雌は腹部が淡褐色の個体と、赤くなる個体がいます。 写真の雌は後者のようです。 産卵は水田や池沼、湿地などで行われます。 秋遅くまでみられる数少ない昆虫。 撮影後、飛んでいってしまいました。 //

サクラの狂い咲き

ソメイヨシノが咲いていました。 サクラの葉芽や花芽は、夏の間には既に完成しています。 狂い咲きは、台風などで葉が早期に落葉し、その後も気温の高い状態が続くことで、芽が成長して起こります。 通常、サクラの開花は以下のようなメカニズムで起こります…

ヨコヅナサシガメの脱皮

桜の幹で、ヨコヅナサシガメが脱皮していました。 脱皮したては赤色で、とても目立ちます。 しばらく経つと、黒色になります。 何のために赤色なんだろう? //

セスジスズメの幼虫など

道端で見つけたセスジスズメの幼虫。 ヒメツルソバを食べていました。 こんな植物も食べるんですね。 今が見頃のヒガンバナ。 田んぼは稲刈りを終えて、すっきりしていました。 畦を歩くと、コバネイナゴたちが跳び跳ねます。 白色のヒガンバナも綺麗ですね。…

ボタン属の果実

沢沿いの樹林で見つけました。 ボタン属の果実です。 ヤマシャクヤクかベニバナヤマシャクヤクのどちらかだと思うのですが、花をみないとなんとも分かりません。 紺色は種子、赤色は疑似種子です。 赤色の疑似種子は種子ではなく、本当の種子(紺色)を目立た…

ポトフとポトス

ポトフはフランス料理。 ポトスはソロモン諸島及び東南アジアに分布する植物。 ポトフとはこんな料理↓ ちなみにポトスというのは旧属名で、現在はポトスではないのですが、今でも名残でポトスと呼ばれています。 昔から馴染みのある名前というのは、やはり残…

キアゲハとアシタバ

近所でアシタバとキアゲハの幼虫を見つけました。 アシタバは一株だけで、そこに多数の幼虫がいました。 上の子は蕾を美味しそうに食べていて、むしゃむしゃと音も聞こえます。 葉を摘んだ後もあったので、おそらく近所の方も食べているようで、アシタバの量…

「日本の昆虫1400」という昆虫図鑑

昆虫の図鑑が欲しい!と思ったとき、どの図鑑を買えばいいのか分からないという方も多いかもしれません子ども向けの図鑑から、とても高価な専門書まで、書店に行くと様々な図鑑があります。あなたがもし、トンボの図鑑が欲しい!となれば文一のトンボ図鑑を…

ネペンシス アラータの栽培

我が家で育てている ネペンシス アラータ(Nepenthes alata) ヒョウタンウツボカズラという和名があります。 本種は、ネペンシスの中ではメジャーな種で、 ホームセンターなどでもよく見かけます。 ネペンシスの仲間を育てる上で、 一番ネックになるのは冬…

アジアイトトンボを見つけた

道端でイトトンボを見つけました。 アジアイトトンボの雄です。 アジアイトトンボ Ischnura asiatica 平地~山地の抽水植物の繁茂する池沼や湿地、河川の淀みなどに生息 雄は胸部が緑色で、腹部第9節に青色斑がある アオモンイトトンボの雄に似ていますが、…

えだ豆のおかきと銀河高原ビール

株式会社 五十鈴さんの「えだ豆のおかき」 美味しいのでおすすめです! おかきをつまみに、銀河高原ビールを飲みました。 味はすごくまろやかで、こちらも美味しかったです! (語彙力がない) あと、ブルーの瓶がやたらとかっこいい。 //

シラミバエというハエ

シラミバエというハエをご存知でしょうか。 鳥や哺乳類に外部寄生をして吸血するハエの仲間です。 自然散策をしていると、たまに体にまとわりついてきて、びっくりすることがあります。 基本的にはヒトには寄生しないそうですが、偶発的に吸血された事例もあ…

メダカと一緒に泳いでいたコガネムシ

ほぼ毎日、植物に水やりをしています。 ティランジア(エアープランツ)という植物を育てているのですが、夜に水をあげると調子が良くなるので、夕飯を食べた後に水やりをしています。 いつも通り水やりをしようとベランダに出ると、メダカを飼育している洗面…

室内の明かりに集まってきた小さな虫

昨日の晩、自宅のシーリングライトに小さな虫が集まっているのを発見しました。 どこから侵入したのか、そして何者なのか... 壁にもチラホラとまっています。 拡大してみると ふむふむ。 キイロシリアゲアリの雄だということが分かりました。 ちょうど結婚飛…

台風15号が運んできたカタツムリ

昨晩から今朝方にかけて、台風15号が関東地方を通過しました。 皆さんお住まいの地域は、大丈夫だったでしょうか。 私が住んでいる関東沿岸部は、ものすごい暴風でした。 育てている植物たちも、室内に取り込みました。 そして、台風が過ぎ去ったあと、植物…

ウナギを釣って蒲焼きを作った

今日はウナギの蒲焼きを作りました。 どどん! 小さい。笑 昨晩、河口で釣りをしたら、小さめのウナギが釣れました。 ハゼ用の小さい針と青イソメでウナギが釣れたので、ビックリ。 小さいとはいえ、引きはなかなかすごかったですよ(笑) まだ成魚ではなかっ…

モンステラの成長記録

今年の6月に、ついに葉に切れ込みが入ったモンステラ。 musikure.hateblo.jp 現在の姿はコチラ! 葉の枚数がかなり増えて、立派な姿になってきました。 来年は植え替えしないとかな。 モンステラは北側のベランダに置いています。 午前中に数時間程度、日が…

河川下流域で捕まえた魚たち

休日に、近所の河川で魚捕りをしました。 タモ網を使って水際をガサガサ。 ヌマチチブ(Tridentiger brevispinis) 最初に捕れたのはヌマチチブ。 飼育すると慣れますが、気性が荒いので他種との混泳は難しいです。 ウキゴリ(Gymnogobius urotaenia) お次…

ティランジア シーディアナ(Tillandsia schiedeana)の生育状況

昨年の8月にご紹介したシーディアナ。 開花から約一年が経ちました。 その後の生育状況をレポート。 musikure.hateblo.jp 現在のシーディアナ↓ 大きめのバークチップに着生させています。 バークチップは共和開発さんのインテリアバーク Mサイズを使用。 共…

キタテハ(タテハチョウ科)の幼虫

道端のカナムグラの葉っぱが、何やら動いています。 よくよくみると、キタテハの幼虫がいました。 キタテハ Polygonia c-aureum 食草:カナムグラ、カラハナソウ、アサ、ホソバイラクサなど 棘が沢山あり、いかにも毒がありそうな姿をしていますが、無毒です…

昇仙峡に行ってきた

夏季休暇をとったので、山梨県甲府市の昇仙峡に行ってきました。 車を借りて、まずは事前に調べておいた駐車場へ向かいます。 観光協会のホームページによると、昇仙峡周辺には無料駐車場が7箇所あるとのこと。 (臨時駐車場も含む) www.google.com ここに…

冬虫夏草 ツクツクボウシタケを見つけた

広葉樹林でツクツクボウシタケを見つけました。 いわゆる、冬虫夏草と呼ばれる菌類です。 種の概要は以下のとおり。 ツクツクボウシタケ Isaria cicadae 地生型 宿主はツクツクボウシなどのセミの幼虫 地上部は2~3センチ 夏から秋にかけて森林に発生し、公…